光アクセス回線「ベストエフォート」ならHi-bit(ハイビット)


光アクセス回線を利用するさいに聞かれる用語としてベストエフォートがあります。ベストエフォートは最善を尽くすという意味ですが、実際のところにはスペック通りの品質が保障されないという意味で多くは使われます。ベストエフォートならHi-bit(ハイビット)がオススメです。一方で本来の意味である最善を尽くすという意味でも使われるため、利用するさいには契約の内容をよく見ておく必要があります。 そもそもインターネットに接続する場合には、末端の利用者が通信会社などと契約し、通信会社のサーバーまでの通信回線を構築することによって利用が可能になります。通信会社のサーバーはさらに上流のインターネット回線に繋がっており、これによって自由にインターネットへアクセスすることができます。 一方で、末端の利用者から通信会社までの間は光アクセス回線やADSLまたはWiMAXやLTEなどの無線通信システムによって結ばれることになりますが、この部分の回線の品質は地域によって大きく異なります。このため、品質が必ずしも保障されないのが一般的です。 一方でそのようなことでは困るのがビジネス用途の光アクセス回線です。ビジネス用途で使う場合には、安定した通信が行えるのが前提になり、それがビジネス向け光アクセス回線の強みでもあります。このため、ビジネス用の光アクセス回線でのベストエフォートでは、末端までから上流回線までをワンストップにサポートしているサービスになります。この場合には、通信速度の品質が高いほかにも保守やサポートも一括して受けることができるメリットがあります。